駐在前の準備

インド駐在ガイドとは?

インド駐在ガイドとは?

現在9000人以上の日本人が住むインド、登録をしていない人を含めると10000人を超えるといわれています。

あなたも駐在員となりインドに生活する、駐在妻としてインドに移り住む、現地採用として働く、インドで留学する、旅行にいってみるなどインドに行く目的は人それぞれですが、駐在に軸をおいて必要な内容をまとめていきます。

私たち日本人は先進国として日本に住んでいます。インドに駐在する際、インドが始めての駐在、または始めての海外旅行にあたるなど何かしらまったく持ってインド初めての方にはインドは発展途上国ということを理解していてください。世界にはまだ190カ国以上途上国があり身近な内容でいえば蛇口から出てくる水が飲める国は世界に15カ国しかありません。

具体的にインドとは?

先ほどのお話のようインドが始めての方にとって、インドは途上国、水が飲めないをまず頭にいれてインドとはを考えてください。

まずインドのイメージから入ります。カレー、インド人、インド象、インド映画、ヨガ、スパイス、旅行、暑そうなどがありますが、インドの人口は約12億人いるため、一言で言い表せません。ですのでイメージもインドに行った人、時間、季節、州、状況により見るものも出会うものも景色も違います。

インドといっても大陸なためありとあらゆることが12倍さらにこれ以上の考え方があり、インドとはの答えははっきりいってないです。

それぞれの概念があるため、ここでは、20年以上インドに住む、仕事、旅行、駐在妻、企業アテンド、会社コンサルを通じ培った経験者のグループをもとにインドでここが大事ということをお伝えしていきます。

 

いろんなことを張り切る

まず駐在が決まった、これからというので、突っ走る方がほとんどです。

いきなりヒンディー語の本を買ってみたり、ガイドブックを読んだり、駐在についてですが、まず環境をととのえ予備知識を蓄え、張り切らないのが大事です。この張り切りは駐在中2年3年後にもっとも危ない危機に影響してくるので適当にすると言う意味になります。

なぜ適当かというと、インドはまず時間どうりにいきません。

バスが時間どうりにこない、ドライバーが時間道理にこない。

サーバントが時間にこない、会社員がじかんどうりにこない、列車飛行機がじかんどうりにこない

これが日常になります、ですのですべてにおいて時刻表などやタイムカードなどは存在しません。

この時間道理に行かない国、時間道理に行く日本でだんだんひずみがでてくるため、張り切ったりしてはいけないのです、いかに体力を消耗させてはいけないかを大事にしてください。

わかりやすいインド駐在ガイドを目指して

ここでは難しく考えなくていいようかなりざっくり、わかりやすく伝えるを心がけてインド駐在に向けてどのような準備心得が大事かをお伝えしていきます。

インド駐在したグループの体験をもとにすすめていきます。